Get Social

超簡単!自宅で出来る機械式時計のケアや保管方法

コンパウンドできれいにしよう

ステンレス製の時計であれば長年使用していると、擦れなどで傷が出来てしまいますよね。そのような傷を目立たなくするようにできる方法があります。それはコンパウンドという磨き用クリームを使い時計本体に塗ることであり、この作業をすると傷を目立ちにくくなるのです。クリームを塗るときは柔らかい布に少しだけ付着させて、本体を入念に磨くといいでしょう。時間をかけて磨けばその分きれいな仕上がりになるので、休日などにじっくりケアするといいですよ。

革製のベルトが水に濡れたときはどうすればいいのか

腕時計のベルト部分が革製であった場合は、それに対応したメンテナンスが大事になります。革でできているので、水がかかってしまった場合などは早く乾かさないといけないと思い、ドライヤーを使ったりする方がいると思いますが、これはやってはだめですよ。ドライヤーを使ってしまうと革が乾いて固まってしまうので、こういうときは乾いたタオルなどを使い入念に水気をふき取るといいでしょう。水気を取った後は日陰に干しておくといいですよ。

保管場所に気をつけよう

機械式時計は磁気の影響を受けやすいので、テレビの上などには絶対に置かないようにしましょう。磁気の影響を受けると時計の針が来るってしまい、時刻がわからなくなってしまいますよ。また、室内の温度にも注意する必要があります。たとえば湿気の多い場所はやたら温度の高い場所に放置しておくと、カビが生えたり時計がさびてしまったりします。せっかく大会時計を購入したのに、こんなことにならないように、定期的に風通しの良い場所に出して日陰干しすることが大事です。

今はスマホや携帯電話で時計の需要は下がりましたが、社会人ならば必須アイテムの一つです。一生モノとしてウブロなどの高価な時計をする事も仕事を頑張れる活力に繋がります。

助成金もりようできる!?夏の暑さから守ってくれる壁面緑化とは?!

どうして壁面緑化をする建物が増えているの?

大阪府を中心とした全国各地の公的機関では壁一面にツタなどの植物を絡ませる壁面緑化がすすめられています。夏になると都市部ではヒートアイランド現象が起こりますから、環境に悪いとわかっていてもついついエアコンに頼ってしまいますよね。そんな問題を解消するために国土交通省が行っているのが屋上、壁面緑地化なんです。財政の苦しい大阪府では特に積極的に取り組んでいて、小、中学校の子供達が実践的に環境問題やその対策について学んでいるんですよ。

緑化には助成金が出るって本当?

壁面緑化に留まらず、緑化施設を整備する時には一般家庭でも国からの助成金が出る場合があるんです。壁面緑地を行う場合は、植物を植えるための土や花壇を作る費用、苗や種などにもお金がかかりますから、そういった費用が対象になりますから、お徳に緑化を始められます。緑化施設整備計画を作成して市町村の認定を受けなければならない事がちょっと面倒ですが、インターネットで申請書をダウンロードできますし、緑化を行う業者が相談にも乗ってくれるので、環境問題に興味のある方や、エアコンの電気代を浮かせたい方は一度連絡してみても良いかもしれませんね。

壁面緑化ってどこに頼んだら行えるの?

壁面緑化は自分で行う事もできますが、面倒くさがりの方なら業者に任せてしまったほうが楽に行う事ができますよ。インターネットで検索すれば多種多様な業者が見つかりますし、多くの業者では無料で壁面緑化の相談に応じてくれているんです。もちろんプロですから外壁を痛めないような方法を相談することもできますし、多くの施工経験から希望に合った提案をしてくれる事もあるんです。周りに緑が溢れていると見た目にも涼しげですし、何より心が癒されますよね。

壁面緑化は朝から夕までの日射しをシャットアウトしますので、夏のオフィス光熱費の大部分を占める冷房コストを数%は削減できるでしょう。