Get Social

小鳥を飼ってみよう!最近のペット事情とは

ペットとして小鳥は最適です

核家族化、そして一人暮らしの増加、それに伴ってペットを飼う人が増えていますよね。犬や猫はあまりにも有名ですが、アパートやマンションなどの賃貸物件ではなかなか許されず、淋しい思いをしている人もおおいかもしれません。そんな時におすすめなのが小鳥で、セキセイインコや文鳥などはケージの中で飼えますしお世話も難しくはありません。犬や猫と違って小動物なら許されている場合も多いので、考えのひとつに淹れるのもいいですよ。

鳴き声に癒されるのです

小動物なら小鳥だけではなく、ハムスターやモルモット、ウサギなども思いつきますよね。他にも亀や魚なども考えられて、これらも許されている場合が多いです。その中でどうして小鳥がおすすめかというと、鳴き声というのが大きなポイントになっています。オスなら人間の言葉を覚えておしゃべりをしますし、そうすると一人暮らしの場合は寂しさを紛らわせてくれるようになりますし、手乗りにすれば自宅の中で戯れることもできるようになるのです。

手乗りとして育ててみる

小鳥を飼う目的のひとつに『手乗りにする』ということがありますね。これは雛から飼って、親の代わりにごはんをあげることによって、小鳥が人を親だと認識して懐いてくれるようになるのです。慣れれば小鳥の方から指先や肩に乗ってきて甘えてきて、その愛らしさは飼ってみないと分からないものですが、一度知ると病み付きになってしまうでしょう。飼いやすくて可愛らしい、ペットをお迎えしようと考えているのなら、小鳥にチャレンジしてみませんか。

子犬販売なら神奈川であれば健康的に飼育されたペットを手に入れることが出来るので、新しく飼いたい場合には利用してみると良いでしょう。

ペットが欲しい!いろいろな購入方法から選ぶ

ペットショップから購入する

ペットを飼いたいのなら、一番先に思いつくのがペットショップでしょう。今は大型の店舗も続々と増え、気軽に立ち寄れて選べるようになっています。スタッフからの説明も充分にしてもらえるので、初めてペットを飼う人でもいろいろとアドバイスをしてくれます。しかし、ペット飼育の規制が厳しくなっている中、安易な気持ちで購入しないようにスタッフからの忠告もあるので、将来のこともしっかり考えてから購入するようにしましょう。

信頼できるブリーダーを探す

犬や猫を繁殖して販売しているブリーダーは、動物の生体や飼育方法の知識も豊富で、購入後もいろいろと相談に乗ってくれる頼りになる存在です。特定の種類のみ、または血統書付きの動物も扱っているので、ペットの品質にこだわりたいのであれば、こういうところで購入する方法がお勧めです。しかし、ブリーダーの数はそれほど多くはなく、個人で行っていることから信頼できるところを選ばなくてはいけません。行きつけの動物病院や知人などから紹介してもらうのもいいでしょう。

保護された動物を譲り受ける

ペットを飼う人はどんどん多くなっていますが、いろいろな問題から手放すケースも後を絶ちません。手放された犬や猫たちは、処分されてしまうことになりますが、そういう動物を守る愛護団体が一般の人から再び飼ってもらえるように活動しています。商売を目的としていないので、無料で譲り受けてもらうことができますが、安全に飼育してもらえるように飼い主への審査も行われます。そして、ほとんどが子供ではなく大人あるいは高齢の動物もいて、性格的にも問題がある場合も見られます。充分な説明を受け、本当に大切に飼っていけるのなら、動物の命を救う意味でも考えてみたい選択ですよね。

子猫販売とは、猫のブリーダー業をしている方から、猫を買い付けてきてペットショップ等で販売することです。