Get Social

ペットを飼うための入手方法。一度飼ってみませんか?

ペットショップから迎える

日本には数多くのペットショップがありますので、みなさん一度は足を運んだ事があるでしょう。海外では店頭展示販売を禁止している国もありますが、日本ではペットショップからの入手はごく当たり前のことです。ペットショップには常時様々な種類の犬猫がいるので、見比べながら選ぶことができます。入手後の病気などに対する保険や補償なども充実しているので、とても安心ですね。しかし、一匹ずつゲージの中にいるため性格を把握することが難しいので、よく観察する必要があります。

ブリーダーから迎える

ブリーダーから入手すれば、両親を直接見て性格を知ることができることと、ある程度の期間親や兄弟たちと一緒に過ごすことができるので、社会性が身につくというメリットがあります。しかし中には、違法に繁殖をさせているブリーダーもいるので、慎重に見極める必要があります。特定種をじっくりと育てていて専門的な知識をもっているブリーダーがおすすめです。さらに、動物取扱業者の登録をしているか確認することも大事なことです。

動物保護施設などからお迎え

保健所や動物保護団体には、飼育放棄など様々な理由から行き場をなくした犬猫がたくさん保護されています。引き取り手がなければ殺処分されてしまうという悲しい現実があります。ペットショップやブリーダーと違い、血統書や補償はありませんが、入手にお金がかからないという利点があります。それに、元々キチンとしつけられている場合もあるので飼うのにはとても楽です。いずれにしてもペットを飼うのなら、最期の時まで愛情をもって大切に育ててあげましょう。

お利口でかわいいっていう子猫ちゃんが手に入れられるなら、ほかでもなく子猫販売なら東京の方が最適です。

Comments are closed.