Get Social

超簡単!自宅で出来る機械式時計のケアや保管方法

コンパウンドできれいにしよう

ステンレス製の時計であれば長年使用していると、擦れなどで傷が出来てしまいますよね。そのような傷を目立たなくするようにできる方法があります。それはコンパウンドという磨き用クリームを使い時計本体に塗ることであり、この作業をすると傷を目立ちにくくなるのです。クリームを塗るときは柔らかい布に少しだけ付着させて、本体を入念に磨くといいでしょう。時間をかけて磨けばその分きれいな仕上がりになるので、休日などにじっくりケアするといいですよ。

革製のベルトが水に濡れたときはどうすればいいのか

腕時計のベルト部分が革製であった場合は、それに対応したメンテナンスが大事になります。革でできているので、水がかかってしまった場合などは早く乾かさないといけないと思い、ドライヤーを使ったりする方がいると思いますが、これはやってはだめですよ。ドライヤーを使ってしまうと革が乾いて固まってしまうので、こういうときは乾いたタオルなどを使い入念に水気をふき取るといいでしょう。水気を取った後は日陰に干しておくといいですよ。

保管場所に気をつけよう

機械式時計は磁気の影響を受けやすいので、テレビの上などには絶対に置かないようにしましょう。磁気の影響を受けると時計の針が来るってしまい、時刻がわからなくなってしまいますよ。また、室内の温度にも注意する必要があります。たとえば湿気の多い場所はやたら温度の高い場所に放置しておくと、カビが生えたり時計がさびてしまったりします。せっかく大会時計を購入したのに、こんなことにならないように、定期的に風通しの良い場所に出して日陰干しすることが大事です。

今はスマホや携帯電話で時計の需要は下がりましたが、社会人ならば必須アイテムの一つです。一生モノとしてウブロなどの高価な時計をする事も仕事を頑張れる活力に繋がります。

Comments are closed.