Get Social

助成金もりようできる!?夏の暑さから守ってくれる壁面緑化とは?!

どうして壁面緑化をする建物が増えているの?

大阪府を中心とした全国各地の公的機関では壁一面にツタなどの植物を絡ませる壁面緑化がすすめられています。夏になると都市部ではヒートアイランド現象が起こりますから、環境に悪いとわかっていてもついついエアコンに頼ってしまいますよね。そんな問題を解消するために国土交通省が行っているのが屋上、壁面緑地化なんです。財政の苦しい大阪府では特に積極的に取り組んでいて、小、中学校の子供達が実践的に環境問題やその対策について学んでいるんですよ。

緑化には助成金が出るって本当?

壁面緑化に留まらず、緑化施設を整備する時には一般家庭でも国からの助成金が出る場合があるんです。壁面緑地を行う場合は、植物を植えるための土や花壇を作る費用、苗や種などにもお金がかかりますから、そういった費用が対象になりますから、お徳に緑化を始められます。緑化施設整備計画を作成して市町村の認定を受けなければならない事がちょっと面倒ですが、インターネットで申請書をダウンロードできますし、緑化を行う業者が相談にも乗ってくれるので、環境問題に興味のある方や、エアコンの電気代を浮かせたい方は一度連絡してみても良いかもしれませんね。

壁面緑化ってどこに頼んだら行えるの?

壁面緑化は自分で行う事もできますが、面倒くさがりの方なら業者に任せてしまったほうが楽に行う事ができますよ。インターネットで検索すれば多種多様な業者が見つかりますし、多くの業者では無料で壁面緑化の相談に応じてくれているんです。もちろんプロですから外壁を痛めないような方法を相談することもできますし、多くの施工経験から希望に合った提案をしてくれる事もあるんです。周りに緑が溢れていると見た目にも涼しげですし、何より心が癒されますよね。

壁面緑化は朝から夕までの日射しをシャットアウトしますので、夏のオフィス光熱費の大部分を占める冷房コストを数%は削減できるでしょう。

Comments are closed.