Get Social

知っておくと得をする結婚式でのドレス選び

結婚式で恥はかきたくないドレス

結婚式に招待されると一番悩んでしますのが着ていくドレスだったりします。親族の結婚式であれば振袖を着る方もいますが友人になると、二次会もあるのでドレスタイプを着ていく方が多いように思います。ドレスを着るにあたりルールーもあります。自分の好きなものを着ればいいというわけではなく着てもいい色味やドレスのタイプなどがありるので、今後結婚式に招待された時に恥をかくことのないように覚えているといいと思います。

結婚式で好ましい色味

ドレスの色はまず白はダメというのは皆さんがご存知だと思います。また白ではなく白に見えてしまうような色味もふさわしくありません。よく無難に黒をチョイスしている人もいますが、結婚式はお祝いの場所になるのでできれば色味のあるドレスの方がいいのですが、どうしても黒をチョイスする時は小物等で華やかさを演出しましょう。主役はやはり花嫁になるので花嫁よりも目立つような派手な色味もNGです。そのようなことを念頭に置きながら探すといいでしょう。

結婚式に好ましいドレスの丈

ドレスのタイプは昼間に披露宴をする場合、ロングのドレスはNGなので膝丈ぐらいのドレスを選びましょう。夜の披露宴の場合はロングのドレスを着ても大丈夫です。最近ではミニのドレスが販売されていたりしますが、膝が隠れるか隠れないぐらいの丈が披露宴に適した長さになってきます。披露宴での露出はあまり好まれないので控える必要があります。デコルテなどの露出が多い場合はボレロやショールなどで覆い隠すことをすすめします。

パーティに参加するドレス選びに迷っているのならば、専門店を利用してみるとよいでしょう。美しいものを見つけることができます。

Comments are closed.